Security policy セキュリティポリシー

現在、情報資産とりわけ個人情報資産保護の重要性については、日本のみならず国際社会において非常に重要視されており、
産業界や官公庁等でも情報資産の保護を強く意識した施策が実施されています。
当社の属する情報サービス業界は、個人情報を取り扱う機会が多く、そのため万全の配慮が求められています。
万一情報の漏洩・侵害等の事故を起こした場合は、直接的な損害賠償に止まらず、企業の信用失墜につながること必至で、
本業界に身をおく企業として最低限の資格要件であり、企業の存立基盤といっても過言ではありません。

当社では、国際水準を前提とした情報セキュリティ管理策の構築により、国際的に認められる企業価値を確立します。

<基本方針>

当社の業務に従事する全ての者が、お客様の情報資産及び個人情報はお客様及び個人の重要な財産であることを認識し、
情報資産全般を安全かつ的確に取り扱うことで、お客様の信頼に応えていきます。その際、以下の点に常に留意します。

(1) お客様の情報、個人情報の取得・利用等

お客様の情報、個人情報の取得・利用・返却/廃棄・第三者への開示等は、
利用目的を定め、全て契約または個人の同意に基づいて行います。

(2) 安全管理措置の実施

当社は、情報セキュリティ対策をはじめとする安全管理措置を実施し、お客様の情報、個人情報への不正アクセス、
またはお客様の情報、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の防止に努めます。

(3) 法令等の遵守

当社は、指定された機密情報及び個人情報の保護については、法令、条例及びその他の社会的規範、
並びに当社の情報資産保護に関する諸規程を遵守します。

(4) コンプライアンス・プログラムの策定及び継続的な改善

当社は、個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定し、社会の要請、監査の結果等に的確に対応して
これを継続的に改善し、当社の業務に従事する者一人ひとりの自覚を常に促すことに務めます。